2024年2月24日
ハンターカブCT125にDIYでスクリーンを装着してみました

ハンターカブCT125にDIYでスクリーンを装着してみました

愛車のハンターカブに前々から欲しかったスクリーンを装着してみました。取り付け作業は六角レンチだけでできるとのことなのでショップに頼まずDIYでやってみました。

ハンターカブCT125にDIYでスクリーンを装着してみました

選んだのはネットでも評判の良いZETAのスクリーンです。赤いハンターカブにグレーのボックスを装着したら郵便屋さんみたいと言われてしまいましたがこれで少しは郵便屋さんが薄れたでしょうか。

ハンターカブCT125にDIYでスクリーンを装着してみました

パーツはこれだけ。スクリーンもクリアで質感はなかなか悪くないです。

ハンターカブCT125にDIYでスクリーンを装着してみました

純正のハンドルホルダーを取り外してスクリーン用のマウントを装着。4㎜、5㎜、6㎜の3種の六角レンチだけで取り付けられるので難易度は高くありません。ただスクリーンのアームを固定する六角ボルトにレンチが届かない構造にはちょっと疑問。

変わったような、それほど変わっていないような完成図

ハンターカブCT125にDIYでスクリーンを装着してみました

こんな感じに変わりました。オーナー的には満足です。ためしに走行テストをしてみましたがスクリーンの効果は確かに感じられます。ただハンドルにマウントしているので風圧を受けるとステアリングにちょっと影響がある感じです。

那須野明彦

■フリーランスライター、エディター ■都内在住 ■雑誌、書籍の編集者を経て、2008年フリーランスとして独立。 自動車誌(ベストカー、スタイルワゴン、オートルート他)、グッズ誌(ベストギア、グッズプレス、モノマガジン、デジモノステーション他)、企業広報誌(SHIDAX)など様々な分野で記事の編集、取材、執筆などを行う。現在は自動車サイト向けコラム、企業セミナーの取材記事、DIY書籍、メーカーやホームセンターのWEBコンテンツなどの取材、執筆などを行っている。

View all posts by 那須野明彦 →